天下から「魔王」と恐れられた武将(織田信長 木村拓哉)THE LEGEND&BUTTERFLY(レジェンド&バタフライ)

天下から「魔王」と恐れられた武将(織田信長 木村拓哉)THE LEGEND&BUTTERFLY(レジェンド&バタフライ)

東映70周年記念作品 日本映画史上最高峰のキャスト・スタッフが集結して制作された歴史大作。戦乱の世を舞台に、敵対関係だった織田信長と濃姫が戦略結婚を機に天下統一へ進んでいく様を、総製作費20億円の壮大なスケールで描く。

運命が、動きだす
魔王と呼ばれた信長と蝶のように自由を求めた濃姫の、激動の生涯を描く。
THE LEGEND&BUTTERFLY(レジェンド&バタフライ)
2023年1月27日に公開

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿


タイトル『レジェンド』は織田信長のことであり『バタフライ』は、「帰蝶」という呼び名があったと言われる信長の正室・濃姫を意味する


監督は『るろうに剣心』シリーズの大友啓史
脚本:「コンフィデンスマンJP」の吉沢良太 
音楽:佐藤直紀
主演 木村拓哉(織田信長) 綾瀬はるか(濃姫)北大路欣也(斎藤道三) 伊藤英明(福富平太郎貞家)斎藤工(徳川家康) 中谷美紀(各務野)市川染五郎(森蘭丸) 音尾琢真(木下藤吉郎(羽柴秀吉))
宮沢氷魚(明智光秀)ら豪華キャスト陣が名を連ねている。

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

織田信長ー木村拓哉
天下から「魔王」と恐れられた武将。濃姫に対して、最初は権威を振りかざして尊大な態度を取る
濃姫(帰蝶)ー綾瀬はるか
信長の正室。戦略結婚で結ばれるが、男勝りの毅然とした物言いで信長に突っかかる。

尾張国の織田信長(木村拓哉)は大うつけと呼ばれるほどの変わり者だった。敵対する隣国・美濃国の斎藤道三の娘・濃姫(綾瀬はるか)と政略結婚という形で出会った信長は、彼女と激しくぶつかるが、今川義元との戦で一緒に戦術を練ったことから二人は固い絆で結ばれるようになる。そこから二人は、天下統一に向かって歩みだす。

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

織田信長(木村拓哉)つながり

織田信長 天下を取ったバカ

1998年3月25日 TBS 放映されたスペシャルドラマ時代劇

当時、『ロングバケーション』(フジテレビ系列)などのトレンディドラマに出演していた木村拓哉の、時代劇初出演にして主役に大抜擢された作品である。さらに、歴史上の人気武将である織田信長を演じることでも話題となった。

物語は、織田信長の青年時代を中心に描いており、ラストで弟である織田信行を斬り、天下取りへの決意を新たにする場面で締められている。そのため、桶狭間の戦いや本能寺の変などの有名なシーンは一切描かれていない。

木村拓哉 時代劇初挑戦したことでも話題となった 視聴率21.8%

あらすじ

織田家の次期当主・織田信長は子分たちと山賊相手の喧嘩をして、ボロボロの姿で末森城に帰参していた。母の土田御前や平手政秀ら重臣たちは、織田家の次期当主らしからぬ振る舞いに対し叱咤(しったするも、当の信長は、鉄砲の試し撃ちの光景に夢中になっていた。

新たな戦の道具として重臣に知られていたこの鉄砲に関して、戦ではまるで役に立たないからと仕入れに対する猛反対の声が上がっていた。しかし、信長は無断で鉄砲を購入してしまい、さらに鉄砲商人を独断で臣下に加えたことにより、重臣の信長に対する不満は増すばかりであった。

一方で、当主・織田信秀と斉藤道三の間で和睦が成立したことで、道三の娘・濃姫との政略結婚の準備が着々と進められていた。

木村拓哉からのメッセージ

木村拓哉が織田信長を演じるのは、1998年3月に放送されたドラマ時代劇以来で

2013年 トヨタ 企業CM  Re BORN

ReBORN』(リ・ボーン)は2011年10月15日からスタートしたトヨタ自動車の企業広告キャンペーン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」の一環として作成された企業CM[1]。企画・制作はCMプランナーの福里真一

概要[編集]

トヨタ自動車は、「日本人の気持ちをもう一度ドライブさせたい」「もう一度、新しいクルマの楽しさを創造したい」とのコンセプトの元、1984年から1987年の間企業スローガンとして用いていた「FUN TO DRIVE」(運転の喜び・楽しみ)に、“再び”の意味を持つ「AGAIN」を加えた「FUN TO DRIVE, AGAIN.」をキャッチコピーとした企業広告キャンペーンを打つこととなった[1]

その中で、テレビCMの共通タイトルとして「ReBORN」(再生・蘇り)を据え、大きく分けて3種類のCMを作成することとなった。

引用元 ReBORN – Wikipedia

「木村家の家紋と、織田家の家紋が同じなので、幼少期から特別な親近感があった
木村自身も49歳を迎え、本能寺の変で信長が生涯を閉じた年齢49歳を演じた縁が生まれ「非常に何かを感じさせる」と神妙な表情「悲しい終わりかたをしたが、世の中への疑問に高らかに声をあげ、行動で責任を果たした人物」と信長の人物像を分析し、コロナ禍やウクライナ侵攻といった世界情勢に触れながら「当たり前の毎日のありがたさ、そばにいてくれる人の存在の大きさを感じてもらえれば」とメッセージを送った。

沿道に集まった1万5000人のファンを熱狂させた木村拓哉

映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」(「レジェンド&バタフライ」)に主演し、織田信長に扮した木村拓哉が11月6日、岐阜県で開催された「岐阜市産業・農業祭~ぎふ信長まつり~」の「信長公騎馬武者行列」に参加した。木村の「皆の者、出陣じゃ!」という威風堂々たる発声に、駆けつけたファンからは大きな喝采がおくられた。
「信長公騎馬武者行列」には、観覧定員1万5000人に対し約64倍となる96万6000人超の応募が寄せられ、地元だけでなく連日ニュースで報じられるなど大きな話題を呼んでいた。木村が、役衣装でパレードに参加するのは初めてのこと。今作で織田家に嫁いだ濃姫の侍従・福富平太郎貞家を演じている岐阜市出身の伊藤英明を従えての武者行列。沿道からの「信長様!」という歓声に、木村は手を振ったり扇子を振りかざすと、そのたびに大歓声が起こった。

木村拓哉、威風堂々の“信長”姿に岐阜が熱狂! 伊藤英明は感無量で声を詰まらせる : 映画ニュース – 映画.com (eiga.com)

<スポンサーリンク>

created by Rinker
¥4,180 (2024/04/18 23:35:41時点 楽天市場調べ-詳細)

映画カテゴリの最新記事