ギフト早坂 由紀夫 (キムタク) バタフライナイフが悪影響 ガボールTシャツロンT重ね着

ギフト早坂 由紀夫 (キムタク) バタフライナイフが悪影響 ガボールTシャツロンT重ね着

ギフト(Gift

1997年4月16日~6月25日 放送 フジテレビ系
主演
木村拓哉、室井滋、篠原涼子、忌野清志郎、今井雅之、小林聡美、倍賞美津子
最終話の緒形拳など、各話に登場する豪華ゲストにも注目。

横領した51億円と共に失踪した代議士・岸和田(緒形拳)の共謀者で愛人の奈緒美(室井滋)は、岸和田の部屋にあるクローゼットの中から血まみれの青年(木村拓哉)を発見。
記憶を失っていた青年は、奈緒美に「早坂由紀夫」と名付けられ、特殊な「ギフト」を配達する届け屋としての役割を与えられます。その任務を遂行する中で、由紀夫はさまざまな人と出会い、次第に不良少年だった頃の記憶を取り戻していく……というのが話の大枠。

記憶喪失 あらすじ

三年後の誕生日に横須賀で

ある日、岸和田という男のマンションのクローゼットから血まみれでロッカーから出てきた男 主人公(木村拓哉)を奈緒美(室井滋)見つける

奈緒美は、岸和田と51億円を犯罪で手に入れたのですが、岸和田がいなくなり探しはじめる
奈緒美(室井滋)は、唯一の手掛かりの血まみれでロッカーから出てきた男(主人公 木村拓哉)
目を覚ますが以前の記憶がなく、岸和田の手掛かりを見つけるまで、自分の部下として働いてもらう 今までの記憶 名前すべてを失った主人公に早坂由紀夫と名付け【運び屋】をさせる 3年たって、わかったことは二つ正真正銘の記憶喪失症 配達に固執する 頼まれた物は、どんなことがあっても必ず渡す。あとは、異常に足が速い

運び屋(お届け物)を、依頼人からお届け先の間の問題を解決しながら 徐々に主人公(木村拓哉)の記憶が蘇っていくGUCCIのスーツを着てクロスバイクで都内を疾走 葉巻はコイーバ
受け取りの際には、ポラロイドカメラで証拠を撮る

2話
あの日以来 妙な夢をみるようになった ラジオの雑音たいな音が聞こえてくる 雑音しか聞こえないのに、それを一生懸命聞こうとしている まるでその雑音が意味のあるもののように 

ロッカーの中か どこのロッカーだよ とにかく多分、日本中のどこかにあるロッカーの中に 俺の過去にとって一番大事なものが入っている

3話
時間っていつも同じように流れているはずなのに 長かったり短かったりする 信号を待っている あいだ だって そうさ うんざりするほど長い時もあれば、あっという間に過ぎちゃう時もあるだろう 記憶を失った俺にとって時の流れは、そうとう不思議なもの

4話
色んな別れがある 俺の過去には、どんな別れがあったのだろう 避けることのできない別れがあって だからみんな なにかを伝え届けようとしている

5話
俺の事 知っている奴 一人や二人いても不思議じゃないだろう
岸和田の子供が由紀夫?
6話
人は何度も生まれ変わって色んな人生を過ごしている だとしたら生まれる度に前の人生の事なんて すっかり忘れているってわけだ ちょうど あの時の俺みたいに
最近 俺は、必死になって逃げている夢を見ているんだ でも追いかけてくる奴の足も速く ぜんぜん逃げれない それが誰なのか 俺には、 わかっている
7話
記憶をなくしたって言うと たいていの奴は羨ましがる いいよなってため息をつく
でも記憶を失くすってことは、過去のすべてを置き去りにするって事なんだ
嫌なことだけじゃなく良かったことも絶対に忘れたら いけないことも みんな
俺はいったいどこになにを忘れてきたのだろう

8話
人が この世界に いたってことは、必ず その人の父親と母親もこの世界にいたってことだ だからおれにも いたんだっと思う でも父親が岸和田裕二郎 
親がキタハラ アユミってことも俺にはわからない 育ての親が小林則彰って奴のことも 普通だったら絶対に忘れない人

9話
俺の本当の名前が分かった ミゾグチ タケヒロ 

俺はもうすぐ早坂由紀夫とさよならするのか 俺はどうなるのか 早坂由紀夫がどこかに消えてしまう

10話
俺は、なんとなく予感がしていた もうすぐ今の生活が終わりになるような そんな予感が 

11話
死んでいた 三年ぐらい でも 渡したいものがあったから やっと戻ってこれた
逃げてたんだ 過去から記憶を失くして 誰かに何かを届けないといけないってことわかっていたんだけど それが誰なのか全然思い出せなくて ここに来るのに三年かかった
ずっと 謝りたかったから

届けてくれて 【ありがとう】

三年間 届けた物は 人間の心

COHIBA(コイーバ)

当初はフィデル・カストロ議長の贈り物、キューバ政府の外交用贈答品として、幻の葉巻と呼ばれ世界中の葉巻愛好家の憧れであった。1989年、エスプレンディードス、コロナス・エスペシャル、ロブストス、エクスクイジート、パナテラスといった新シガーを送り出し、1992年コロンブスのキューバ上陸から5世紀、ふたつの文化の出会い500年を記念し、コイーバブランドから5サイズのシガー、「シグロ・シリーズ」が誕生する。  

シガー | シガーバー COHIBA ATMOSPHERE TOKYO (cohiba-atmosphere.jp)

バタフライナイフ

キムタクの影響力がスゴイ   社会的にも影響 良くも悪くも

ドラマが悪影響をもたらしてしまったこともある。それが1997年放送の『ギフト』(フジテレビ系)。記憶喪失の青年の葛藤を描いたこの作品には、木村さん演じる早坂 由紀夫がバタフライナイフを振り回すシーンがあり
放送終了後に、全国各地でバタフライナイフを使用した少年犯罪が発生する事態となってしまった.

13歳の少年による刺殺事件

事件が起きたのは、1998年1月28日。栃木県黒磯市(現那須塩原市)の中学校で、当時13歳の男子生徒が女性教諭を刺殺しました。腹部、胸、背中など、少なくとも計7か所をめった刺しにするという、凄惨な事件でした。

凶器に使用されたのはバタフライナイフ。事件後、加害少年は「『ギフト』でキムタクが器用にバタフライナイフを振り回しているのを見て、かっこ良さを見出した」と供述。

事件の影響も含め、この作品は、再放送されていない。

Amazon バタフライナイフ 楽天 検索 バタフライナイフ

ガボール(GABOR) Tシャツ ロンT 重ね着

スカルやクロス等のモチーフが人気、LA発シルバーアクセサリーブランド

ガボール・ナギーは1953年ハンガリーのブタペストで生まれ、14歳の時からジュエラーとしての基礎を学び、1988年に自らのアトリエ兼ショップである【Gaboratory】をアメリカのベニスビーチに設立する。
当時はまだマイナーであったメンズ用のジュエリーを製作し、その独創的なデザインワークやアイテムは地元のバッドバイカーをはじめ、ロックミュージシャン、ハリウッドスター達の支持も受けガボールの名は世に広まっていった。しかし、1999年ガボール・ナギーは心不全の為、突然死去してしまう。
その後は、妻のマリア・ナギーと、最もガボールからの信頼が厚かった友人であり職人のピーター、その息子でガボールが自分の子供の様に可愛がっていたマーロンの3人で【Gaboratory】を継続させている。
また、シルバーアイテムの製作において頑に外注を行なわないガボールのアーティテュードを引き継ぎ、現在でも全ての工程を工房内で行っている。

引用元 http://www.gaboratory.jp.net/

この投稿をInstagramで見る

Gaboratory_inc_usa(@gaboratory_inc_usa)がシェアした投稿

<スポンサーリンク>

created by Rinker
¥20,365 (2022/12/05 11:27:48時点 楽天市場調べ-詳細)

ドラマカテゴリの最新記事