未来への10カウント桐沢祥吾(キムタク)B’zが木村拓哉主演ドラマ主題歌を提供するのは3度目 

未来への10カウント桐沢祥吾(キムタク)B’zが木村拓哉主演ドラマ主題歌を提供するのは3度目 

2022年4月14日(木)pm9:00 スタート【テレビ朝日系木曜ドラマ】
生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾」が、高校ボクシング部のコーチになったことで熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツ・エンターテインメントだ。
脚本 福田靖
2001年・2006年・2014年『HERO』
2007年『HERO』映画
2008年『CHANGE』
完全オリジナルストーリー予測不可能な展開

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

木村拓哉さんがドラマの見どころを語る


【出逢い】出会いによって成長し、喜んだり、傷ついたり
松葉台高校ボクシング部のスローガンにも「不撓不屈(ふとうふくつ)」とあるんですけど、ボクシング部だけでなく、人と人との出逢いによって、『どういう状況にあっても屈しないよ』『そこにモチベーションを持って行けるよ』というメッセージが今回の作品には非常にあると思うとアピール

そして「まだまだ踏ん張り続けないといけない状況が続いていますが(ドラマ)受け取って下さる方々にそういうものを感じ取っていただければ、すごく嬉しく思います」とメッセージを送った。

キャスト


桐沢祥吾:木村拓哉 

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

高校時代にボクシングで4冠を達成 ある理由でボクシングを断念 その後、度重なる不運に見舞われ生きる希望を失い 「いつ死んでもいい」と口にする毎日
アルバイトで食いつなげていたが 親友(甲斐誠一郎:安田顕)提案で高校ボクシング部コーチを請け負うことに


折原葵:満島ひかり
松葉台高校 国語(古文)教師でボクシング部顧問
真面目でまっすぐな好奇心旺盛な性格「私、知らない事があると気持ち悪いので」 
押し付けられる形でいやいや顧問を引き受けるが
生徒たちの熱い思いに触れボクシング部に次第に肩入れする

甲斐誠一郎:安田顕 
桐沢祥吾(木村拓哉)の高校時代からの親友 プロボクサーとして活躍。引退して「甲斐ボクシングジム」を経営


伊庭海斗:高橋海人(king&Prince)
ボクシング部の部長 唯一の3年生部員
東大合格を狙える優等生
ボクシングセンスはあまりないがボクシングの熱意は強い


大場麻琴:内田有紀
松葉台高校の校長 ボクシング部の前監督の娘で高校時代はボクシング部のマネージャーで桐沢祥吾(木村拓哉)の一学年下 桐沢祥吾(木村拓哉)に告白をした過去がある
頭を殴るボクシングには否定的でボクシング部を潰すため、あれこれ画策する

主題歌 B'z 『COMEBACK‐愛しき破片‐』

主題歌 B'z 『COMEBACK‐愛しき破片‐』
『COMEBACK‐愛しき破片‐』制作にあたり稲葉氏から「せっかく主題歌という形で使用していただけるのだから、ドラマの内容を把握した上で歌詞を書きたい」と提案
その心意気に感激した木村さんは、レコーディング前日、個人的に『ありがとうディナー』に誘い 感謝のひとときを過ごしたそうです。

葛藤を乗り越えて、失った自分の破片を取り戻しながら生きることの歓びを見いだしていきます
B'zが木村拓哉主演ドラマ主題歌を提供するのは3度目
Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』 今夜月の見える丘に
A LIFE〜愛しき人〜』 Still Alive 
『未来への10カウント』COMEBACK‐愛しき破片‐

第1話 4月14日(木)15分拡大版 

初回視聴率11.8%(ビデオリサーチ社調べ、関東地区、世帯)と2桁での好発進となった。

桐沢祥吾(木村拓哉)生きる希望を失い 「いつ死んでもいい」と口にする毎日 友人の甲斐誠一郎(安田顕)や恩師・芦屋賢三(柄本明)、芦屋の妻である珠江(市毛良枝)などに勧められ松葉台高校ボクシング部のコーチをいやいや引き受ける
松葉台高校ボクシング部廃部寸前の弱小チーム
芦屋賢三(柄本明)がコーチ(桐沢祥吾)を送り込んだので 6月の廃部までのつなぎのため折原葵:満島ひかりが顧問に
5月中に新入部員が入らなければボクシングは、廃部 
廃部を阻止するため 唯一の3年生で部長の伊庭海斗:高橋海人(king&Prince)が 高校4冠を達成の桐沢祥吾(木村拓哉)と公開スパーリングをする
ボクシングの楽しさカッコよさを伝えるために 
パンチを繰り出すも桐沢は簡単に払ってしまう。しかし、熱い情熱だけが伝わってきて、桐沢がかるくボディにあてたところ、肋骨にひびが入ってしまったが伊庭海斗:高橋海人(king&Prince)熱い情熱が伝わり3名の新入部員が入り廃部をま逃れる 

第2話 15分拡大版

伊庭海斗:高橋海人(king&Prince)熱い情熱が伝わり3名の新入部員が入り廃部をま逃れるも
しかし、第1話の公開スパークリングでの伊庭海斗:高橋海人(king&Prince)負傷(桐沢がかるくボディにあてたところ、肋骨にひび)
ボクシング部の廃部を画策していた校長:大場麻琴(内田有紀)の耳に入ってしまう
桐沢はケガをさせた事実を認め全責任を取って辞任することを決意するが、桐沢のコーチ続投を熱望するボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)と伊庭は、麻琴と交渉。そんな彼らの思いは、人生に対してもボクシング部に対しても後ろ向きだった桐沢の心に、かすかな変化をもたらす。これまでは部員たちの練習を眺めているだけだった桐沢が、ついに指導を開始する
そんな桐沢に向かって、ボクシング部の生徒たちがいきなり、2か月後に開催されるインターハイ予選に出場したいと言い出す。基本もままならない今のボクシング部には到底無理だと判断する桐沢。だが、部員たちは一歩も引かない。一方、麻琴は“部活動の指導は本校教職員が行うこととする”という、学校の管理運営規定を持ち出し、桐沢を今度こそクビにしようとする。
桐沢祥吾(木村拓哉)実は、教員免許を持っていた 高校の教師8年間していた過去があった“部活動の指導は本校教職員が行う事とする”の規定があるので桐沢は、十何年ぶりに教壇に立つ事となる
ボクシング部存続に新たな条件 ボクシング強豪の進学校に2か月後に開催されるインターハイで勝利する事 桐沢祥吾(木村拓哉)が勝利するための熱血指導を開始する

第3話「コーチ助けて…女子部員の危機‼母の敵をKOせよ⁉」

松葉台高校の非常勤講師となり、ボクシング部のコーチも続けることになった桐沢は、2カ月後のインターハイ予選に出場し、強豪・京明高校を倒すことを目標に、指導を開始し始めた。 ある日、桐沢は唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)から、「けんかで勝てるボクシングを教えてください」と訴えられる。  しかし、授業の時間が迫っていたことから、桐沢は「あとで話そう」と話を切り上げた。その後、桐沢はボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)にこのことを話すと、折原は「生徒の問題に非常勤の先生は関わらなくていい」とけん制する。  放課後、部活が始まると、あかりは、基本練習に励む部員たちの前で「インターハイとかどうでもいい。私は強くなれればいい」と言い放ち、練習場から飛び出す。  ボクシング部のマネジャー・西山愛(吉柳咲良)から、あかりの母親の元再婚相手・今宮智明(袴田吉彦)が、家に押しかけて、時には暴力を振るっていることを聞いた桐沢は、あかりのことを心配する。  そんな矢先、桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)が経営するボクシングジムにあかりが現れる。 甲斐誠一郎(安田顕)に大人の男性に勝つ方法を教えて欲しと、甲斐誠一郎(安田顕)は、親友である桐沢祥吾(木村拓哉)にあかりが現れた事を知らせコーチ桐沢祥吾(木村拓哉)に判断をゆだねる、桐沢祥吾(木村拓哉)は、水野あかりの言う通りにしてくれとお願いする甲斐誠一郎(安田顕)は、水野あかりに、ボディブローを教える。
桐沢祥吾(木村拓哉)は、「正しく使わせるのが自分の役目だと言う」
あかりの母親の元再婚相手・今宮智明(袴田吉彦)が、家に来ると、あかりから助けを求められた桐沢が、今宮をボクシングのリングに上げ、“不幸自慢対決”をする今宮智明(袴田吉彦)と桐沢祥吾(木村拓哉)の不幸自慢 どちらが不幸かで水野あかりがジャッジ 負けた方に水野あかりのボディブロー桐沢コーチの過去が不幸すぎて、今宮智明(袴田吉彦)のボディに何発も水野あかりのボディブローが入る。
今宮智明(袴田吉彦)は、耐えきれなくなり、水野あかり親子には、近づかないと約束する。
水野あかりもボクシング部に復活 『ボクシングが面白いから』

第3話では、桐沢祥吾(木村拓哉)の過去が明らかになってきました
・オリンピックの強化選手だったが、網膜剝離になりボクシングを断念
・希望を失いかけたが、励ましてくれた友人のおかげで、妻に出会い教師になったが。妻に乳がんが見つかって、1年後に死亡。

・教師も断念 どん底に落ちるが何度も這い上がる桐沢祥吾(木村拓哉) 妻の好きだった焼き鳥屋で修行し 自分の焼き鳥屋をオープンお店も繫盛し落ち着き始めたころにコロナで倒産

葛藤を乗り越えて、失った自分の破片を取り戻しながら生きることの歓びを見いだしていきます 主題歌 B'z 『COMEBACK‐愛しき破片‐』がドラマを引き立たせてくれています

第4話<拡大スペシャル>「リングの中心で、愛を叫ぶ⁉型破りな恋愛指導で衝撃結末‼」

東大合格者数でもクラブ活動でも京明高に勝つことに必死になる松葉台高の校長・大場麻琴(内田有紀)は、ボクシング部がインターハイ予選で京明に負けたらコーチの桐沢(木村)をクビにすると勝手に決定。部の顧問・折原葵(満島ひかり)は「そんな約束はしていない」と食い下がるが、麻琴は聞く耳を持たない。 一方、桐沢と部員たちは「打倒・京明」を合言葉に、練習に打ち込んでいた。ところが、スパーリングをしていた部長・伊庭海斗(高橋海人)と玉乃井竜也(坂東龍汰)が乱闘のように激しくぶつかり合いだす。桐沢がよくよく話を聞いてみると…、何と2人はマネジャーの西山愛(吉柳咲良)をめぐり、密かに恋のライバル関係だったことが判明する! しかも、伊庭は部員たちの前で、「リングの中心で西山愛と叫ぶ!」と宣言。これまで誰にも打ち明けることなく、恋心を募らせていた伊庭は高校最後の試合で勝ち、告白すると決めていたというのだ。 そんな中、葵から特別コーチを依頼された桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)は、部員たちに必殺パンチを伝授する。ところが、桐沢は今の彼らにはレベルが高すぎると判断。中でもボクシングセンスのない伊庭には、基本中の基本であるワンツーパンチ「ダンダダン」とコンビネーションのみで戦わせようと「ワン・ツー」だけ練習をやらせる
ついにインターハイ予選の日がやって来た。伊庭は運命のリングに上がる。
桐沢の作戦通り、ワン・ツーを打ち続けるが、相手側にワン・ツーしか打てない事がばれてしまうが
桐沢が新たな支持を出す。相手が油断したときにフックを使ったコンビネーションパンチで決める作戦。
3ラウンドにチャンスが巡ってきた、伊庭のパンチが見事ヒットするが、結局ポイント判定で負けてしまう
全力を出し切った伊庭に桐沢は、告白しろと言う。
伊庭も決意して告白
「西山愛!好きだぁ~‼」
リングの真ん中で告白するが、西山愛の返事は、「ごめんなさい 無理です」と拒否、玉乃井竜也も告白しようとするが、西山愛の冷たい視線に告白を断念
西山愛は、「伊庭のことは、先輩として尊敬していますが、もう忘れてください頑張って」とメッセージを送る
伊庭も気持ちを伝えることができて吹っ切れた様子。受験に専念して絶対東大に合格すると宣言する。
第5話では「村上虹郎」演じる転校生が登場

第5話「超問題児が入部!?波乱を巻き起こす!」

インターハイ予選。だだひとり2回戦へ駒を進めた女子部員・水野あかり(山田杏奈)でしたが格上の京明高校に敗れてしまう。
京明高に負けたことを理由に、校長の大場麻琴(内田有紀)は桐沢にコーチ解任を宣告
ボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)や部員たちが引き止める中、桐沢はボクシング部を去ってしまう。
元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチになってほしいと依頼。桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と、甲斐にボクシング部の未来を託す
そんなある日、1年生部員の江戸川連(村上虹郎)が転校してきた、そんな彼の実力をみて甲斐誠一郎(安田顕)新コーチも「うちのエースになる!」と絶賛
そんなある日、1年生部員の江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明になってしまう。その事実を葵から聞かされた桐沢は、江戸川を探し始める。江戸川が不良の先輩に捕らえられていることを知った桐沢は、ピザの宅配を装って不良たちのアジトへ。桐沢はそこから江戸川を救出するものの、不良たちは追いかけてくる。
助け出した江戸川を葵に託した桐沢は、殺気立った4人の不良と対峙。桐沢は次々と殴りかかってくる不良たちの攻撃をかわしながらボディに鋭いパンチを打ち込んでいく。すると不良の1人が興奮した様子でナイフを持ち出して桐沢を威嚇し、その勢いのまま襲いかかってくる。これに対して桐沢は右フックで不良の腕からナイフを叩き落とすと、ボディに2発のパンチを打ち込んで、見事4人の不良をKOする。

第6話「亡くなった妻とまさかの再会!?」

宅配ピザのアルバイトをしている松葉台高校ボクシング部のコーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)はある日、デリバリー先で思わず言葉を失ってしまう。注文主の女性が亡くなったはずの最愛の妻・史織(波瑠)と同じ顔だったからだ! 一方、ボクシング部はきたる関東大会に向け、練習に精を出していた。そんな中、パンチを当てないスパーリング=マスボクシングをしている最中、部内一の実力を持つ1年生・西条桃介(村上虹郎)のパンチが、同じバンダム級の友部陸(佐久本宝)の目に当ってしまう。相変わらず生意気な西条は謝りつつも、ほかの部員から責められるや、ムキになって友部を見下す始末…。かたや、眼科の診察で目は無傷だったと判明しつつも、もともとボクシングには向いていないと自覚していた友部は意気消沈。西条と試合で当たったら確実に負ける、と涙ながらに吐露する彼を、桐沢は懸命に励ますが…。 その直後、友部を連れて眼科を訪れていた桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)、桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)は会計時に思わず息をのむ。何たる偶然か…会計事務をしていたのは史織と同じ顔のあの女性だったのだ! 激しく動揺する桐沢。その姿を見た葵もまた、静かに動揺。さらに、そんな葵に密かに恋心を寄せていた甲斐も、ショックを受け…。 その矢先、ボクシング部に新たな試練が降りかかる。松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)が何を考えたか、勝手に強豪・京明高校ボクシング部との練習試合を取り付けてきたのだ! 「打倒・京明」という大目標をふたたび突きつけられ、大半の部員がビビる中、自信満々の西条。そんな彼らに対し、桐沢は出場メンバーをとんでもない方法で決めると言い出し…!?

引用元 https://www.tv-asahi.co.jp/10count/story/0006/

桐沢祥吾(木村拓哉)とのスパークリングで出場メンバーを決める
玉乃井から順番に西条まで何度も‥2巡目 3巡目 桐沢祥吾(木村拓哉)も生徒も疲れがピーク そんな中 友部が立ち上がり スパークリング再開
友部のボディブローが、桐沢祥吾(木村拓哉)炸裂 
京明との試合の出場メンバーを決定 玉乃井 水野 天津 友部が、出ることに
友部は、喜ぶが、西条はおかしいと不服を表す 
そして試合当日

第7話<拡大スペシャル>「超問題児が暴力事件を起こした本当の理由!」

弱小・松葉台高校ボクシング部と強豪・京明高校の練習試合が始まった! コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が選抜した松高の出場メンバーは苦戦しながらも、全力で京明と対戦。ところが…松高唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)がインターハイ予選で大敗を喫した奥村紗耶(山本千尋)に再度挑もうとしたその時、予期せぬ事件が起こる。部内一の実力がありながらも桐沢の采配で出場メンバーから外され、試合会場にも姿を見せなかった西条桃介(村上虹郎)が、上級生2人に殴りかかったのだ! 現場を目撃した松高の教師・間地真実(八嶋智人)はすぐさま、校長・大場麻琴(内田有紀)に報告。桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は緊急の呼び出しを食らい、あかりの試合は中止になってしまう…。しかも西条は、桐沢に試合から外されイラついていたと主張。桐沢も自らに責任の一端があると認めたため、ボクシング部は期間未定の活動停止を言い渡されてしまう! とんだとばっちりに憤慨し、西条への怒りをあらわにするボクシング部の面々。だが、桐沢はなぜか西条のことを一切責めようとはせず、淡々とした態度で生徒たちを家に帰す。かたや、部員たちの気持ちが痛いほど分かる葵は、桐沢の対応を非難するが…!? 実は、桐沢にはこの一件でどうにも引っかかることがあり、西条が何かを隠していると察していた。真実を確かめるため、桐沢は自宅謹慎処分になった西条の自宅を訪問。ところが「本当のことを言え」と語りかける桐沢に対し、西条は「そういう大人が一番嫌いやねん」と背を向け…。 そんな中、“これまでにない方法”で西条やボクシング部と向き合い、完全決裂の危機に陥った部を立て直そうとする桐沢。だが、その先には…“あまりにも残酷な未来”が待ち受けてい

引用元 https://www.tv-asahi.co.jp/10count/story/0007/

第8話<最終章・拡大スペシャル>「部員との別れ…そして愛の告白!?」

松葉台高校ボクシング部でNo.1の実力がありながらも、素直になれない性格が災い…。他の部員たちと完全決裂し、部への復帰を諦めてしまった西条桃介(村上虹郎)。一方、これまでの人生でさまざまな辛酸をなめてきたコーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が静かに発した言葉に触発された部員たちは、自らの意志で西条ともう一度向き合おうと決心したのだが…。そんな彼らの目の前で、西条が倒れた! 診断の結果、西条は脳に動脈瘤を抱えていることが判明。万が一破裂すれば死に至る可能性もあるため、医師からボクシングは断念するよう宣告されてしまう――。 まだ高校1年生の西条に突如襲いかかった非情な運命に、心をかきむしられるボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)。桐沢は感情的になる葵をなだめ、西条と一緒にボクシングをしたいという部員たちにも「現実を受け止めろ。どうにもならないこともあるんだ」と告げる。だが、そんな桐沢もまた心の奥では、網膜剥離でボクシングを諦めざるを得なかった学生時代の自分と西条を重ね合わせ、やり場のない複雑な感情に苛まれていた…。しかもここへ来て、亡き妻・史織(波瑠)の兄・井村和樹(石黒賢)の後押しで、かつて閉店を余儀なくされた焼き鳥店再開の目処が立ち始めていた桐沢は、人生の選択にも迫られていたのだ。店を再開するとなれば、新たな生き甲斐となっていたコーチを続けられないかもしれない――。桐沢の心は人知れず、激しく揺れ動き…。 そんな中、西条がまるで吹っ切れたような笑顔を浮かべ、演劇部に入部したことを桐沢と葵に報告する。早々に気持ちを切り替えた西条のことが引っかかり、練習に集中できないボクシング部員たち。だが、残されたメンバーだけで宿敵・京明高校に勝ち、インターハイに出ることだけを考えるよう桐沢から鼓舞された彼らは、気合を入れ直し練習に励む。しかも、その様子を西条が覗き見していて…!? 予期せぬ人生の岐路に立たされる中、やがて新たな未来に向かって“大きな決断”を下す桐沢と西条。一方、密かに桐沢への恋心を募らせていた葵にも、ついにその想いを開放する時が…?

引用元 https://www.tv-asahi.co.jp/10count/story/0008/ 

第9話<最終回・拡大スペシャル>
「最終回!それぞれの未来へ―」

 松葉台高校でボクシング部のコーチと非常勤講師を続けながら、コロナの影響で潰れてしまった焼き鳥店も再開させることになった桐沢祥吾(木村拓哉)。彼は開店準備に奔走しながら、悲願のインターハイ出場を目指す弱小・ボクシング部の指導にさらなる熱を注入。度重なる不幸に見舞われ、生きる希望を喪失していた頃とは一転、止まっていた時間を取り戻すかのようにフルパワーで人生を突き進んでいた――。

 そんな桐沢への想いが溢れだし、いきなりプロポーズしてしまったボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)。一方、葵の息子・圭太(川原瑛都)は桐沢に父親になってほしいと切望。しかし2人の結婚には“もうひとつの障壁”が存在することを知り…!?

 そんな中、桐沢はようやく焼き鳥店の開店日を迎える。ところがその矢先、桐沢があろうことか、部員たちを指導している最中に倒れてしまい…!

 やがて、松高がインターハイ出場を懸けて宿敵・京明高校に決戦を挑む時がやって来た――。前年の雪辱を果たすべく、インターハイ予選に臨む松高ボクシング部。さまざまな壁にぶち当たり、迷い悩みながらも切磋琢磨してきた桐沢と部員たちの行く末、そして桐沢と葵の恋の行方とは一体…? これからの“未来”を懸けたファイナルラウンドゴングが、ついに鳴り響く!

桐沢は、焼き鳥屋 非常勤講師 ボクシング部のコーチを両立しフルパワーで人生を突き進んでいたが 部員たちを指導している最中に倒れてしまう
桐沢を応援する気持ちがありつつも心配する部員たちは、焼き鳥屋を休んでコーチに専念してほしいと言います
桐沢は、部員たちと出会い生きる希望を持てたことに感謝し、諦めない意思を伝える
宿敵・京明高校に決戦を挑む時がやって来た 
桐沢は、試合に挑む部員たちにエールを一人一人送り、さらに葵にも感謝の意を伝えた
円陣を組み士気を高めた一同
水野あかり(山田杏奈)と玉乃井竜也(坂東龍汰)が見事、京明を破りインターハイ出場を決めました
桐沢は、葵のプロポーズに返事をします。葵と結婚し圭太の父親になり、焼き鳥屋には、松高の教師陣も集い、ボクシング部のコーチを続け新し人生を歩んでいく
  

【未来への10カウント】衣装

キムタクドラマで毎回 話題になるファッションアイテム 今回、未来への10カウントでは どんなアイテムが爆発的ヒットを生み出すのか?
すでに売り切れ状態のアイテム多数 
インスタグラムでも着ている事が多いSupreme(シュプリーム)がドラマのメイン衣装かな?

テレビ朝日の入社式にサプライズ登場
4月14日木曜21時にスタートするドラマ。テレビ朝日系【未来への10カウント】に主演する木村拓哉、満島ひかりがVTRサプライズ登場
木村拓哉さんは、テレビ朝日の新入社員15人 全員の名前を一人づつフルネームで呼びかけ「おめでとうございます」と祝福の言葉を述べ
「テレビ朝日で、わからない事があれば何でも聞きに来てください」心強いメッセージを送った
この時のサプライズ登場で着ていたのが
Supreme Five Boroughs Coaches Jacket 2021SS シュプリーム ファイブ バーロウズ コーチ ジャケット 2021年春夏

中に着ていたのは、Supreme×Tiffany&Co ロゴTシャツ
ドラマでキムタクが着ていた色はすでに売り切れ状態 

Supreme Five Boroughs Coaches Jacket 2021SS シュプリーム ファイブ バーロウズ コーチ ジャケット

Andy Mister ERIK SATIE - OEUVRES POUR PIANO
Erik Satieのプリントが施されています。

この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Andy Mister(@helensaidthis)がシェアした投稿

Hombre Nino × STARTER BLACK LABEL
PULLOVER JACKET
 ナイロンジャケット

【Hombre Nino - オンブレニーニョ】HECTICディレクター / T19などを手がける江川芳文(YOPPI)氏、数々のレーベルにてウェアプロダクトに関わる関正史氏とのタッグで新たなコンセプトとしてスタートする。
スペイン語で「HOMBRE / 男 (大人) 」 「NINO / 子供」両人の現在のライフスタイルを根底に構成。スケートボード・BMXを介し大人と子供が共有できるプロダクトを提案する。"RETRO and NEW"をコンセプトにオーセンティック・コンテンポラリーな要素を共存させた大人と子供用のウェアを展開。

引用元 https://www.union-onlinestore.com/product-list/112
この投稿をInstagramで見る

木曜ドラマ🥊未来への10カウント【テレビ朝日公式】(@miraten_tvasahi)がシェアした投稿

<スポンサーリンク>

楽天 検索  Supreme x Tiffany & Co. / ロゴ Tシャツ icon

【Hombre Nino - オンブレニーニョ】

HECTICディレクター / T19などを手がける江川芳文(YOPPI)氏、数々のレーベルにてウェアプロダクトに関わる関正史氏とのタッグで新たなコンセプトとしてスタートする。

スペイン語で「HOMBRE / 男 (大人) 」 「NINO / 子供」

両人の現在のライフスタイルを根底に構成。スケートボード・BMXを介し大人と子供が共有できるプロダクトを提案する。"RETRO and NEW"をコンセプトにオーセンティック・コンテンポラリーな要素を共存させた大人と子供用のウェアを展開。

Supreme Five Boroughs Coaches Jacket 2021SS

NewBalance(ニューバランス)
RCVRY ALL BLACK
洗濯機で丸洗い出来る人気のスリッポンモデル。
CUSH+とマッサージフットベッドのソフトで快適なライド感、爽やかな通気性のもと、
スポーツ後のリカバリーから普段履きまで幅広くカバーするタウンシューズです。

[ニューバランス] ウォーキングシューズ RCVRY RECOVERY リカバリー (旧モデル) スリッポンモデル 通気性 洗濯丸洗い AB1(ALL BLACK) 22 cm D

Supreme×THE NORTH FACE
THE NORTH FACEとのコラボレーション グローブ バンダナ柄

Supreme×THE NORTH FACE THE NORTH FACEとのコラボレーション  バンダナ柄
この投稿をInstagramで見る

Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

2014AW Supreme × THE NORTH FACE Bandana Etip Glove Red シュプリーム ザ ノースフェイス バンダナ グローブ

ドラマカテゴリの最新記事